Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/54-be9439c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アイデアを“おすそ分け”し合う関係ってステキ

どうも
アラサーになると抜け毛が多くて。。。
でお馴染みの渡邊です。


早くも1月が終わろうとしております。

クロスアクションの法人化準備やら身に余る講師依頼やら仕事は降ってきているのですが、寒さや宇都宮の仕事の土日出勤を言い訳に仕事を後へ後へと回しており、
いい加減焦らなければと思いながらとりあえずブログを書き始めるダメっぷりを発揮しております。

誰か喝入れてください。


先日1月27日に、4年前から着実に回を重ねる“八溝地区の地域づくり交流飲み会”green drinks那須烏山のvol.28が開催されました。



私は当時関わっていませんでしたが、創設メンバーがvol.0から始めたので、29回目になります。


「実施回数とナンバーが1回分ずれているのが紛らわしい」


という現運営メンバーの多数決により、今回からvol.0はノーカンで行くことになりそうです。(創設メンバー兼代表が反対したものの可決。悲しそうでしたがスミマセン)

なので次回も今回同様29回目と名乗りますが、閏月的な感覚で聞き流して頂けると幸いです。笑

16266259_14548009045542755248167092434636403_n.jpg

ちなみに今回は那須烏山市と高根沢町で連携して実施される地方創生の施策「七福神プロジェクト」について、高根沢地域経済活性化センターの小野口さん、同町企画課の岡田さんという新たな仲間をゲストとしてお迎えして実施。


乱暴に言ってしまえばゲスト付きの飲み会に過ぎないこのイベントですが、
手前味噌ながら非常に面白いプロジェクトになってきたと思う次第です。


全国でコミュニティデザインという言葉が注目され、高齢者や子どもの居場所づくり、自治体コミュニティの構築といった多様なプロジェクトが展開されています。

green drinks那須烏山の手前味噌ポイントは、

意図的に特定の年齢層に声掛けをするわけでもなく、20代~70代までの那須烏山市周辺の地域づくり関心層が集まり、
世代の壁を越えて活発な交流が図られている点です。

147163401350119178355782_1671217245656992569_n.jpg

14570213_1350119261689107112417065112644100_n.jpg

もちろん運営が20後半~40代なので、層としては同年代がやや多い傾向にはあるものの、

‐地域の中でネットワークを構築したい‐
‐自身のプロジェクトや商品の魅力を伝えたい‐
‐地域の面白い動きをキャッチしたい‐

などといった理由で集い、自身の志や地域への想いを酒の肴に真夜中まで交流が行われます。

16195767_14548023745541289059936486369986925_n.jpg
別の自治体の仕掛け人同志がここで接点を持つこともしばしば。


告知がfacebookと口コミを中心に行われているので、むろんベテラン層はSNSを使える一部の方々に限定されてしまうのは課題点ですが。。


交流を図る中でお隣の自治体のキーマンから

「同じような地域のプレイヤーたちが集う取り組みを、是非とも地元で実施したい」
というお話を頂き、ぜひ実施して那須烏山のメンバーを誘ってほしいとお伝えしました。


そもそもgreen drinks自体、世界の様々な自治体で広がっているムーブメントの一つです。
↓日本での広がりについてはコチラ
http://www.greendrinks.jp/


別で取り組むイベント「さんかくサロン」でも、お隣町の市民活動の先輩からも
「手法をパクらせて頂きます」とお話を頂き、光栄に思ったのも記憶に新しく、

自身が関わるプロジェクトが市外の方にも魅力に感じて頂けることを嬉しく感じるとともに、
各自治体の仕掛け人同士が文化交流的にノウハウをさらけ出して切磋琢磨するロマンのようなものを感じました。

16265463_14548014378875553508096054333313319_n.jpg


もちろん地域の課題もニーズも千差万別なので、よその成功事例を模倣すれば地域が活性化すると限らないし、自治体間連携の強化というのも安直に謳うものではないと思います。
(異業種交流会の盛んな宇都宮にgreen drinks那須烏山のスタイルを輸入してもおそらくここまで盛り上がらないし、商圏の重なるビジネス分野となればノウハウ提供は当然死活問題です)

近年は地方創生というワードが浸透し、一皮めくると人口のパイ取り合戦のような構図に見えかねない様相です。
ほとんどの活動は適度な競争にさらされることで成長していきますが、コミュニティデザインに限って言えば出し渋る必要が無いのだなと感じます。

16388155_14548023245541337085273109480145561_n.jpg


私も一昨年までは自身のプロジェクトばかりに時間を割き、他の方が行う活動に目もくれずに取り組んできましたが、異なる現場の空気を感じ、周りで展開されているプロジェクトを自身の活動にフィードバックできることの楽しさを感じます。

隣の畑の実が美味しそうならば、一つ貰って自分の畑にも種を撒かせてもらう関係(その逆然り)を築くことが、
相互に依存はせず、それでいてしなやかな連携を生むのかなと感じる今日この頃です。



‐ワタナベは何故評判の悪いオールバックで市民プロジェクトに臨むのか?‐
SA3.jpg

というテーマと二本立てで書くつもりでしたが、
ボリュームが膨らんでしまったので今日はこのあたりで。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/54-be9439c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

渡邊貴也

Author:渡邊貴也
1989年生まれ。
宇都宮生まれの那須烏山人。

2013年頃から参加型民主主義社会作りに興味を持ち、市民活動に参加するようになる。
2014年からシティズンシップ教育を推進する任意団体Active citizen platform(現在活動終了)の活動を行う。

現在は活動エリアを栃木県那須烏山市に絞り、まちづくり団体支援やコミュニティデザインを目的に活動を行っている。

glabo、クロスアクション、さんかくサロン、housebook projectに参加。

【関心分野】
シティズンシップ教育
市民の政治参画
エリアリノベーション
コミュニティデザイン

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。