Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/50-0c17b976

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「さんかくサロン」が開催されました。

どうも渡邊です。

最後にブログを書いてから半年近くが経とうとしております。

言い訳するとvoters bar終了後、市民活動を小堤限度に抑えてキャリアについて考える時間をとっており、自分の中でやるべきことが見えてきたタイミングで活動に復帰したところ、さまざまな年度末の消化事業や新規プロジェクトに参画していくことになり、忙殺されておりました。

自身の4月以降については、また

「近日中に」

更新できたらと思いますので、今日は先日行われた新しいイベントについて書きたいと思います。
近日中に書きます。書きます・・・

【さんかくサロンプロジェクト】

那須烏山市の商工会青年部の幹部である平野達郎さんがリーダーを務めるプロジェクトで、市民が社会に“さんかく”するきっかけを作るイベントです。

事の発端は昨年の夏の終わり頃

私の職場に達郎さんが個人的に訪ねてきました。
地元の事業者との連携をとる事業なので、地元企業の後継者である達郎さんが来ることは不自然ではなかったのですが、プライベートな話をしたいとのことで、珍しいことだと感じました。

達郎さんとはgreen drinks等でよく顔を合わせていることから自分とタイプが似ていると感じていて、話すと馬が合うものの特別一緒に何かに取り組むきっかけもなかったので、二人だけで話をする機会もほとんどありませんでした。

「那須烏山市の政策決定のプロセスが見えず、市民の意見が反映されないまま実行されていくのが許せない。若者の声を集め、市政に届けていく新しい仕組みを作れないか」

知性的な達郎さんが珍しく熱っぽく語っているのを聞き、眠れる獅子の覚醒を目の当たりにした心持になり、是非とも一緒に志を形にしていきたいと感じました。

私自身市民の社会参画・政治参画の推進を目的に活動を行ってきましたが、共に立ち上がる同志のような人材を見つけることができず(不安定な自身のプロジェクトに他者を巻き込みたくないという潜在的な負い目が大きかったのですが)、押したり引いたりを繰り返していたことから、歓迎すべきことでした。


その後達郎さんのミッション・ビジョン・ターゲットを練り上げ、目的に対して最も効果を上げる仕組みを検討していく中で「さんかくサロン」が生まれました。

2016-03-16a.jpg


まずは将来の地域のリーダーになるような民間の人材や行政職員が課題意識を共有する緩い意見交換イベントの定期開催を狙い、意見を集約して生み出した成果物を、将来的には市政に提案していこうという目論見です。


市民に政治を意識してもらう取り組みの歯がゆいところは、

「社会的意義はあれど、顧客ニーズはほとんどなし」

という点です。
イベントに積極的に参加する層は、大半はすでに政治と自分の関わり方を意識しており、本当に声を届けたい層には振り向いてもらえない苦しさがあります。


本企画は、
・「政治」それ自体ではなく「自分が生活する街のこと」という切り口であること
・合意形成を図る手前の場として、「街についての正しい情報とホンネの部分を年の近い担当職員から聞こう!」という緩い打ち出しができていること
・ゲストとしてプレゼンをお願いする行政の担当職員さんに、エッセンスは残しつつ、限界まで緩い空気感を演出してもらえるようにお願いしていること

などを意識し、街の政治について知るということを、良い意味でエンターテイメントできるパッケージに仕上げています。

2016-03-16b.jpg


初回は一本釣りで比較的意識の高い参加者たちを囲い込んだ感もありますが、自主的に足を運んでくださった参加者もおり、まずまずの手応えを感じることができたと思っています。

まちづくりに既に参画している方でも、市の総合戦略ビジョンを噛み砕いて説明してもらえる機会は新鮮だったらしく、好評いただくことができました。


なによりこの企画の良いところは、定期開催を意識して、息切れを起こさないプログラムとなっている点です。
私が運営するactive citizen platformでは、その辺りに頭が回らず、毎度毎度新規プログラムを考えようとして疲弊していった感があったので、参加者にとっても運営側にとってもストレスが少ないのではないかと思っています。

2016-03-16c.jpg


今後は隔月開催を予定しており、毎回少しずつテーマを変えて展開していきます。

小さな市ではあるものの、地域のリーダーがまた一人誕生する機会に立ち会えたことが、私の一番の収穫でありました。
今後もプロジェクトの持続とミッション達成のために、達郎さんをサポートしていきたいと思っています。

まだまだ荒削りな取り組みですが、街のことをユルく楽しく、その中でも持ち帰れるものを提示できるように活動していきますので、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/50-0c17b976

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

渡邊貴也

Author:渡邊貴也
1989年生まれ。
宇都宮生まれの那須烏山人。

2013年頃から参加型民主主義社会作りに興味を持ち、市民活動に参加するようになる。
2014年からシティズンシップ教育を推進する任意団体Active citizen platform(現在活動終了)の活動を行う。

現在は活動エリアを栃木県那須烏山市に絞り、まちづくり団体支援やコミュニティデザインを目的に活動を行っている。

glabo、クロスアクション、さんかくサロン、housebook projectに参加。

【関心分野】
シティズンシップ教育
市民の政治参画
エリアリノベーション
コミュニティデザイン

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。