Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/5-7f528cdf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NPOカタリバ

このところ連続でイベントに参加しており、ブログ更新も滞ってしまいました。
今月15日にNPOカタリバの企画に参加してきたので、今回はそのことについて書こうと思います。
半ば感想文になってしまうかと思いますが・・・

まずカタリバについて簡単に説明すると、主に進路選択に悩む高校生のもとに、家族や先生、友人とは異なる立場の「ナナメの関係」の先輩を派遣し、キャリア選択や私生活の悩みに向き合う活動や、
被災地での放課後学校による学習支援と心のケアなどの取り組みをしている団体です。


政治や教育に関する市民団体を調べ始めた際に発見し、私自身学校への出前授業もやってみたいと常々思っていたことから、なにか学べるのではないかと思い、ボランティアスタッフ登録させていただきました。
主に大学生が参加しているので、私のようなフリーターは異例だと思います(笑)


説明会は2月中頃に事務所にお邪魔したのですが、私がやろうとしていることとズレがあるためそこまでモチベーションは高くなかったのですが、非常に熱い想いを持った若者で溢れていて居心地が良かったのを覚えています。

一番はっとさせられたのは、ここにいるスタッフたちが皆「高校生に上からの目線でなにかを教えてやりたい」といったようなスタンスではなく、「本気で向き合うことで、生徒たちと一緒に学び成長したい」という気持ちが強かったことです。

主体的な学びを目指していたとはいえ、あくまで授業は講師が「授ける」ものだと思い込んでいた私には大きな衝撃でした。
教育制度に以前から思うところはあったものの、教育者を目指したことのない私の盲点だったように思います。


三日前に初めて高校に訪問し、埼玉の高校二年生と向き合ってきました。

カタリバに応募したばかりの頃は、
自分の転機になった経験談を話したり悩みを聞いてやればいい。
くらいに思っていたのですが、これがそもそも大間違い。
短時間で多感な高校生の心を引き出し、座談会を通してその子のキャリアデザインを手助けする。というのは想像以上にミッション性が高く、責任も重大でした。

外部のお兄さんお姉さんがやってきて交流するというのは、閉鎖的な高校生活では滅多にない経験であるために影響力も強いのです。
実際カタリバを通して進路選択に大きな影響を受けた子が沢山いるという話を聞いており、安易な気持ちでは危険だな。と思っていました。

カタリバに関わっている方は皆熱心だったので、事前シュミレーションに多くの人が付き合ってくれてありがたかったです。

前日に埼玉に入って一部のスタッフと事前ミーティングをしながら前泊し、朝一番で高校にお邪魔して二時間ほどのイベントを行いました。

私は初心者なのでヘルプのスタッフがサポートしてくれましたが、1人で4人の生徒の対応をしました。
かなり不安だったのですが、想像以上に高校生は素直で心を開いてくれました。

就職と進学が半々の学校だったのですが、みんな話を掘り下げていくと自分なりの夢を持っていて、17歳の頃の自分よりずっとしっかりしているように思いました。

具体的な話はどこまで書いていいのか分からないので控えますが、最後は生徒と私の5人で夢の決意表明をして別れました。
高校生たちにどのような影響を与えたかは分かりませんが、彼らより先に自分が夢を諦めるわけにはいかないなと強く感じ、自分の方が多くを考えさせられる場となったような気がしました。


現在複数の団体に顔を出して回っているので、カタリバとどのような関係になっていくかは未定ですが、私に足りないものを学べる場のような気がしているので、もっと関わっていきたいし、教育者を目指す人にはもっと知ってもらいたいです。

カタリバや市民教育など、成績に表れづらいものって教育として目を向けてもらえない傾向にあるけれど、人格形成において決して軽く扱ってはいけないものがたくさんあると思います。

心の病気が深刻な社会問題となる昨今。偏差値至上主義も結構ですが、心の根幹にある部分を太くしなやかにしてあげる教育がもっと日の目を浴びてもいいのではないでしょうか。




明日はNPOマネジメントフォーラムとシティズンシップ教育フォーラムについて書きたいですな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/5-7f528cdf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

渡邊貴也

Author:渡邊貴也
1989年生まれ。
宇都宮生まれの那須烏山人。

2013年頃から参加型民主主義社会作りに興味を持ち、市民活動に参加するようになる。
2014年からシティズンシップ教育を推進する任意団体Active citizen platform(現在活動終了)の活動を行う。

現在は活動エリアを栃木県那須烏山市に絞り、まちづくり団体支援やコミュニティデザインを目的に活動を行っている。

glabo、クロスアクション、さんかくサロン、housebook projectに参加。

【関心分野】
シティズンシップ教育
市民の政治参画
エリアリノベーション
コミュニティデザイン

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。