Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/39-9a38c3a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

地域におけるコミュニティオーガナイザーの必要性について

どうも渡邊です。

動画サイトでキン肉マン(アニメ)を見始めたら止まりません。
こてこての少年漫画なのですが、お茶の間で家族で見られる雰囲気のアニメっていいですね。
これぞエンターテイメントという感じです。


さて、昨日は那須烏山市内で「知事と語ろう!とちぎ元気フォーラム」が開催され、高橋さんを中心に立ち上げたソーシャルデザインチーム”glabo(グラボ)”が活動団体としてプレゼンテーションを行いました。
glaboは地域の個人や団体同士のネットワークを作り、それぞれを活発化させるために立ち上げたチームです。

green drinks那須烏山についてはこのブログでご紹介しましたが、green drinksを実施していく中で、那須烏山市という三万人弱の地域でも、様々なアクションを起こしている人たちが個々で活動していることが分かってきました。

自然体験にせよ文化振興的なものにせよ、得意分野や想いの強い分野に高いポテンシャルを持っているものの、広報や企画などの不得意な点について誰に意見を求めたら良いか分からなかったり、市内に来訪した観光客に認知してもらう機会が作れないなどの課題から、そのポテンシャルを活かしきれず、消化不良になっているケースが数多くあります。

事実「山あげ祭り」や「那珂川の鮎」などの名物を求めて那須烏山市にお客さんがやってきますが、ほかの観光資源や魅力についての情報をキャッチする手段がないために「ここは山あげ祭りのほかは何もない街だな」と感じながら帰っていくケースが多いようです。

地域に住む人たちや市民団体が顔を合わせて、この地域にどのような価値が必要となるか議論する場や連携を取り合うためのネットワークを構築することで、個々のコミュニティが活発化されるのではないか?

個々が活発化すれば地域全体がボトムアップされるのでは?

その想いからglaboを設立し、イベントのコーディネートや市民の未来志向の対話の場を想像するために動き出しました。


先述したフォーラムでは、知事や市長を含めて団体概要や地域における重要性についてどこまで理解してもらうことができたか未知数ですが、市内の社会派な方に名前を覚えてもらうことは出来たと思っています。



市民の動きを活発化させて社会課題解決を目指す仕掛け人を「まちづくりコーディネーター」ないし「コミュニティオーガナイザー」といいます。
glaboがこれに当たるかというと、また微妙に違うのですが、コンセプトは同じだと思っています。

glaboはもちろんのこと、最近コミュニティオーガナイザーという役割に興味を持っています。

先日JCEFのイベントで林さんのプレゼンを聞いてから興味を持ち出したので勉強不足ですが、
市民一人一人を地域づくりの主体者として活発化させ、参加型民主主義の動きを加速させる活動家のことをいい、オバマ大統領もコミュニティオーガナイザーを志し、その活動から今に至っているといいます。(オバマびいきするつもりはありませんが)

シティズンシップ教育は、地域の主体者を育てる教育と言えるので、コミュニティオーガナイジングとは密接な関係にあります。


行政が全てのサービスを提供することが難しい現代において、コミュニティオーガナイジングの重要性はますます増してくるのは言うまでもありません。
glaboが那須烏山市において、どれだけの役割を果たすことができるか楽しみなチームです。




自分の理念を語って回るようになって間もなく二年、自分の未熟さから一人の仲間も見つけることのできない私ですが、いまだに参加型民主主義社会のビジョンに恋焦がれています。

なんだかんだでシティズンシップ教育の現場は大部分が学校であることが分かってきて、
いっそ自分も学び直して教員になるか。とか
教育に拘らず、まちづくりセンターのような場で働きながらなら何か見えるか。とかいろいろ考えてしまいます。

来年までに道を見出したいものです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/39-9a38c3a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

渡邊貴也

Author:渡邊貴也
1989年生まれ。
宇都宮生まれの那須烏山人。

2013年頃から参加型民主主義社会作りに興味を持ち、市民活動に参加するようになる。
2014年からシティズンシップ教育を推進する任意団体Active citizen platform(現在活動終了)の活動を行う。

現在は活動エリアを栃木県那須烏山市に絞り、まちづくり団体支援やコミュニティデザインを目的に活動を行っている。

glabo、クロスアクション、さんかくサロン、housebook projectに参加。

【関心分野】
シティズンシップ教育
市民の政治参画
エリアリノベーション
コミュニティデザイン

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。