Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/35-3edcf4f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

地域課題が深刻。宝の山なのに。

どうも渡邊です。
このところ急に夏のような暑さになってきましたね。

渡邊は不定期で企画をやったり他団体に顔を出したりと相変わらずテレテレと活動しております。


今回は地方についてのお話です。
那須烏山という地域に移り住んでいつの間にか7か月が過ぎようとしています。
宇都宮も全然都会ではないのだけれど(むしろ田舎でしょうか笑)、栃木県内でも都市部から少し外れた八溝丘陵沿いにある地域です。

曲りなりに地域活性化に関わるお仕事をさせて頂くことになり、地域の事業者や農業者の方とお話をしていると、一般的に言われている人口流出だとか地場産業の衰退といった課題がリアルに見えてきます。
烏山はもともと商業の要所だったらしく、非常に栄えた商店街通りがありました。

その商人たちが地元農業者に日ごろの感謝の意を込めて野外歌舞伎を上演したのがかの有名な「山あげ祭り」ということらしいのですが、祭にフォーカスを当てるのは別の機会に譲ります。

商店にお邪魔すると、50~60代でお店を切り盛りしているような商店主が非常に多く、家業を引き継ぎたい想いがある半面、将来のことを考えたら息子に家を継いでくれとはとても言えない。そんな複雑な想いを抱えてお仕事をされています。

20年後はその事業者はまだ体が動くかもしれないけれど、30年後のこの商店街はどうなってしまうのだろうか。この街に来てから非常に危機感を感じていましたが、先日ニュースでダメ押しの発表がメディアを賑わせることになります。


・若い女性の人口、2040年までに半減? 有識者会議が試算
http://goo.gl/FIa6Hw

2040年には子どもを産める生産人口が半減し、半数の市区町村は消滅する危険性がある。県内で8つの地域がこれに当てはまり、那須烏山市も例外ではないというのです。


宇都宮に引き続き、那須烏山でも参加させていただいているgreen drinks。
前回のブログで趣旨に触れているので、説明は割愛します。

上のニュースを踏まえて、今回のテーマは「10年後の那須烏山にタイムスリップ!」

25年先はイメージがつきづらいけれど、将来自分の住む地域が消滅しちゃわないために10年後どうなっていればいいの?
その10年後のために今日から意識すべきことは?

そんなことを考えるきっかけのイベントとなりました。

参加者からはいい意見も、厳しい現実を見据えた意見も出ていました。

イベント参加者はもちろんですが、それ以外のサイレントマジョリティがどのようなことを感じているのかが気になるところです。

さらに言えば、この統計で消滅する市町村に数えられていなかった地域は安泰かといえば、そうではありません。
田舎からヒト・モノ・コトが流入して形成される都市部も、田舎が無くなってしまえば、時間の問題です。

人任せの劇場型民主主義で済ませられる時期がもう過ぎ去ろうとしています。
地域で活動する市民が垣根を越えて課題意識を共有し、地域に価値を生むためには自分たちに何ができるかを考える必要が出てきています。
那須烏山の市民同士が、栃木県民、日本国民同士で課題を共有しなければ大きなイノベーションは起こりえないと思います。

その意識付けの仕掛けとして、あくまで飲み会というスタンスのgreen drinksは非常に有効な枠組みです。
このような市民の生産的対話の場が増えてくることが地域活性化の第一歩ですね。


私は那須烏山に来て、心身ともに豊かな暮らしをしています。
地域の方から気にかけて頂きものをしたり、都内の方がうらやましがるようなオーガニック野菜を手軽に食べることができたり。
那珂川の景色や星空も非常に美しく、心が洗われるようです。
資源豊かな那須烏山を残していくために、もっと地域に寄り添っていかなければと感じます。

ソーシャルマガジンなどを見ていると、ローカルに目を向ける若者が徐々に増えてきているようです。
大きなお金は動かなくとも、地域の中でヒト・モノ・コトが循環する流れを仕組み。
マネー資本主義を真っ向から否定するのはナンセンスですが、これを意識しないことには地方は都市部に資源を吸い上げられて疲弊するばかりです。

ライフワークとして第一次産業に関わりながら別の仕事を持つ暮らしが一種のトレンドになったら面白いなと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/35-3edcf4f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

渡邊貴也

Author:渡邊貴也
1989年生まれ。
宇都宮生まれの那須烏山人。

2013年頃から参加型民主主義社会作りに興味を持ち、市民活動に参加するようになる。
2014年からシティズンシップ教育を推進する任意団体Active citizen platform(現在活動終了)の活動を行う。

現在は活動エリアを栃木県那須烏山市に絞り、まちづくり団体支援やコミュニティデザインを目的に活動を行っている。

glabo、クロスアクション、さんかくサロン、housebook projectに参加。

【関心分野】
シティズンシップ教育
市民の政治参画
エリアリノベーション
コミュニティデザイン

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。