Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/13-4ac74b60

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

デモクラシー2.0 政治起業家ラウンドテーブル

皆さんお久しぶりです。
最近学童保育にてアルバイトを始めました。公園で子供たちに花の名前を教えてもらったりするのですが、普段は気がつかないようなところにいろんな種類の草花が茂っており、子供の視点に立ってみると意外な発見が沢山あるのだなと感じます。

公園にしゃがみこんで、緩やかな時間の中で自然を感じる。
10年以上忘れていた感覚で、逆に新鮮なものです。




5月9日は日大にてデモクラシー2.0イニシアティブによる政治起業家ラウンドテーブルが開催されました。

代表発起人は多摩大学院教授の田坂広志氏

このデモクラシー2.0がどのような組織体なのかといいますと、複雑化とともに低迷気味の日本社会において今までの
「お任せ民主主義」(民主主義社会であるにもかかわらず、社会問題をお上任せにして市民が関わっていこうとしない状態)から
「参加型民主主義」(市民一人一人が問題に関心を持ち、議論し解決に向けて行動できる状態)

への転換を目指す社会的活動を第一線で行う政治起業家の合同体です。
民主主義が市民参加型なのは当たり前なので、本来あるべき民主主義に戻すといった感じですが。


政治起業家という概念は
政治家がかわれば社会が良くなるといった考え方ではなく、政治を取り巻くすべての環境(法律、政策、人材、情報、文化)を変えていくことで現在の政治と民主主義の変革を目指す人々のことのようです。



私が活動理念として語っている「主体的市民による民主主義の成熟」のために第一線で活躍している面々です。
私はその中でも若年層(もちろん大人も)を中心とした教育分野で仕掛けていきたいと考えているわけですが。


今回の参加者は以下

田坂 広志氏(多摩大学)
藤沢 久美氏(デモクラシー2.0発起人)
金野 索一氏(日本政策学校)
田中 勇一氏(社会起業大学)
伊勢谷 友介(クラウド・ガバメント・ラボ)
関根 健次氏(ユナイテッドピープル株式会社)
谷崎 テトラ氏(ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン)
原田 謙介氏(YouthCreate)
鈴木 菜央氏(せんきょCAMP)
望月 優大氏(I WILL VOTE)
松永 英也氏(ドット・ジェイピー)
青木 大和氏(ぼくらの一歩が日本を変える。)
谷本 晴樹氏(One Voice Campaign)


ビッグネームばかりです。
組織名や名前を聞いたことがある人がいるのではないでしょうか。


先日のクローズアップ現代でも田坂氏が話していた「ガバメント2.0」をはじめとするネット社会に適合した新しい市民の社会参加のあり方が話の中心だったように思います。

インターネットという新しいツールを活用して市民が地域社会の問題をシェアし、行政と協力しながらそれぞれが問題解決に取り組む仕組みづくり。

ネット選挙解禁はそのための第一歩であったわけですが、解禁しただけでは何も変わりません。
当然市民が膨大で多様な情報の中から自分に必要な正しい情報をキャッチする力が求められてきます。

そのために市民にできることが報道メディアの仕組みづくりであり、メディアリテラシー教育であり、一人ひとりのほんの少しの意識のスイッチを入れることなのだと思います。



民主主義のあり方。すなわち地域コミュニティのつながりや成熟した議論の必要性、市民の主体性については毎回のように書いているので控えますが、市民全員が問題意識を共有しなければいけない時期がもうとっくに来ているのではないでしょうか。


政治家何とかしろ
役人は何をやっているんだ


彼らは我々の代表者であり、問題解決に取り組むプレイヤーの一人に過ぎません。
もちろんこのイベントに参加した政治起業家達もです。

変わるべきは彼らだけではないし、プレイヤーは我々国民全員です。



たかが市民一人になにが出来るものか

そう言った気持ちの方も多いかと思いますが、悲観する前に何か行動したことはあるでしょうか。
市民全員が政治家や社会起業家・政治起業家を目指す必要は勿論ありませんが、社会を良くするために出来ることを常に自問自答する気持ちがまずは大切なのではないかと思います。



私も様々な方の活動を見ていると井の中の蛙だったことを思い知り、何もできていないと感じます。
まだまだこれからです。


とは言いながらも、この長くて退屈な私のブログも知人友人が読み、「自分が社会をちょっぴり良くするためにできること」を考えてもうきっかけになったらいいな。と願ってやみません(笑)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oppore4465.blog.fc2.com/tb.php/13-4ac74b60

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

渡邊貴也

Author:渡邊貴也
1989年生まれ。
宇都宮生まれの那須烏山人。

2013年頃から参加型民主主義社会作りに興味を持ち、市民活動に参加するようになる。
2014年からシティズンシップ教育を推進する任意団体Active citizen platform(現在活動終了)の活動を行う。

現在は活動エリアを栃木県那須烏山市に絞り、まちづくり団体支援やコミュニティデザインを目的に活動を行っている。

glabo、クロスアクション、さんかくサロン、housebook projectに参加。

【関心分野】
シティズンシップ教育
市民の政治参画
エリアリノベーション
コミュニティデザイン

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。